育毛剤 比較 ランキング

育毛剤を選ぶ3つのポイント

育毛剤選びのポイント

もっとも大切なのは、それぞれの抜け毛、薄毛の症状にあっているものでないといけません。

 

ご自分にあった育毛剤を選ぶことが大切です。

 

また、頭皮に刺激の少ない育毛剤を選ばないと余計に抜け毛の原因となってしまう可能性もあります。

 

さらに、使い続けられる育毛剤であることも考えておきましょう。

 

面倒であったり、高額すぎたりして続けられなくなってしまうなんてこともあるので注意が必要です。

 

 

 

数ある育毛剤の中から、自分に合ったものを選ぶと言われても、どういう基準で選んだらいいかわからないかも知れません。

 

高額の育毛剤が必ずしも良いと言い切れないのが育毛剤選びを難しくしている原因でもあります。

 

そこで、当サイトでは、実際に使用してみて効果が感じられたもの、
口コミによる評判が良いものを選び徹底比較をして、ランキングとしています。

 

育毛剤選びに迷ったら、ぜひ参考にしてください。


育毛剤おすすめランキング

チャップアップ(CHAP UP)

チャップアップ

安心の無添加の育毛剤なのが魅力です。

 

専門家が品質認定し、多くの雑誌、メディアで紹介される人気、評判ともナンバーワンの商品。

 

センブリエキスが毛根に直接作用して血流を促進、毛母細胞が活性化して育毛効果に直結。

 

使用者の97%が使ってよかったと使用後の満足感を得ている当サイト一押しの育毛剤です。

 

効果がない場合には全額返金保証があるので、迷うことなく使って欲しい育毛剤と言えます。

 

 

 

 

 

 

ポリピュアEX

ポリピュアEX

ポリピュアEXは、酵母エキス(1)バイオポリリン酸の配合量が大幅アップした育毛剤です。

 

常に改良を重ね、有効成分として注目されているセンブリエキスも配合されているのも人気の秘密です。

 

モンドセレクションで3年連続の金賞受賞という品質クオリティの高さにも注目です。

 

満足できなければ全額返金保障ももちろんついています。

 

 

 

 

 

 

薬用プランテル

薬用プランテル

M字型ハゲに特化した育毛トニックとして存在する薬用プランテル。

 

こちらも効果がない場合は全額返金を謳っている信頼できる育毛剤です。

 

センブリエキス、セファランチン、グリチルリチン酸2Kの3つの有効成分を惜しみなく投入しています。

 

頭皮に悪影響のある成分を一切排除し、有効成分を直接頭皮に浸透させます。

 

M字型に悩むなら、ぜひ専用の育毛剤を選んでください。

 

 

 

 

 

 

生薬育毛剤WAKA

生薬育毛剤WAKA

不要なものは一切入れないというコンセプトで作られた無添加の育毛剤が生薬育毛剤WAKAです。

 

水を一滴も使わずに生薬から抽出される原液のみで作った究極のこだわりが詰まった育毛剤がWAKA。

 

主成分は、あの甘草を使い、育毛には欠かせない有効成分のグリチルリチン酸2K、ゼンブリエキスももちろん配合されています。

 

頭皮にストレスなく届いて育毛効果を高めてくれます。

 

90日間の返金保障が付いているので安心して育毛を始められます。

 

 

 

生薬育毛剤 WAKA ★★承認率100%保証!★★

 

 

 

BUBUKA(ブブカ)

ブブカ

濃密育毛剤BUBUKAは、最先端抽出技術で、

 

育毛エキスM-034を抽出し、世界初の濃密配合、商品化に成功した育毛剤です。

 

育毛を促進して、毛の退行を抑制するという夢のような効果が期待できます。

 

血行を促進し、毛の成長を促すとともに、ヒアルロン酸と同等の保湿力で頭皮の潤いを保ってくれます。

 

購入後30日間の全額返金保証キャンペーンを実施中です。

育毛剤の役割とは

育毛剤役割

育毛剤とは、聞いて名のごとく髪の毛を育成して薄い髪の毛になるのを防止したり、髪の毛をはやしていくようにするものであります。

 

ですが、実際に育毛剤というものが髪の毛が生えてくるようにするためにどのような効果を発揮したり、役割を担っているかってわかりにくいですよね?

 

そのあたりを解説しておきたいと思いますが、

 

基本的に、育毛剤というのは髪の毛を直接生えてくるように発毛をさせるものではありません。

 

あくまで、髪の毛が生えやすくなったり、抜けにくくなるように手助けをするものだと考えてください。

 

そのあたりは、発毛剤と育毛剤の違いということになります。

 

 

主な効能としては、育毛剤は使用することによって、

 

フケやかゆみを抑えたり血行をよくして髪の毛を生えやすくすることや

 

男性ホルモンを抑制するなど、髪の毛が生えて、強くなりやすいようにサポートをする役割というのが中心となります。

 

 

化粧品で言うと、肌のケアをするような役割にほぼ近いものであるといえましょう。

 

薬によって効果が表れる期間が違ったり成分や効果に違いはありますが、基本的にはすぐに効果があるわけではなく、

 

時間をかけて育毛剤の効果は出てくるものとなっていますので、

 

基本的には根気よく治療しておかないと髪の毛は生えてきたり

 

抜け毛が減ったりはしないものでありますので、そのあたりはよく認識ておくといいでしょう。

 

髪の毛が生えてくるまでにはそれ相応の時間がかかってしまうということです。

 

抜け毛や、薄毛が気になって仕方がないと感じているかも知れませんが、

 

髪の毛を増やすためには、焦らず確実に頭皮、毛髪に対してのケアを続けておく必要があるということになります。


生活環境なども整えて育毛剤を利用する

育毛剤を利用する際には、いろいろな注意が必要ではありますが、育毛剤は単に続けて利用すればいいというものではなく

 

生活環境などをしっかりと整えておく必要があります。

 

例えば、食生活についてもしっかりとバランスの良いものを食べるように心がけることや、睡眠時間をしっかりと確保すること、

 

頭皮の環境をできる限り清潔に保っておくことなど、常に普段からの生活習慣について気を配っておく必要があるのです。

 

育毛剤は、あくまで髪の毛が育成する環境の手助けをするという効果が主なものであるため、

 

いくら積極的に髪の毛が生えやすくなるような状況を育毛剤によって他助けしたとしても、

 

生活環境が悪いようであるのなら血行が悪くなったり、

 

成長ホルモンがうまく分泌されないことによって髪の毛の育成に影響が出てしまって、

 

育毛剤の効果が減るもしくは全く意味のないものになってしまうという恐れがあるのです。

 

育毛剤と聞くと、勘違いをしてそれがあれば髪の毛が増えるとか、

 

利用していてもなかなか効果がないと思ってしまうようなことがありますが、

 

生活環境によって単に効果がなかったり、

 

育毛剤の知識が正しくないために効果が出なくて育毛剤の利用をやめてしまう方もいるため

 

こういった知識もしっかりと認識して、正しい利用方法を実践しましょう。

育毛剤の値段について

育毛剤は色々な種類や値段のものが存在しますが、できる限り高給な育毛剤を使ったほうが効果が出るのか?

 

それとも安い値段のものでも効果を感じるものなのか?やっぱり値段が安いとダメなのか?

 

こんな風に考えることもあると思いますが、実際育毛剤についてはどのようなものを選択すればいいのでしょうか?

 

確かに、値段が安いものですと育毛に有効な成分が少なかったりするものですから、

 

育毛剤としては役に立たないというようなことがあります。

 

ですが、値段が高ければいいというものではありません。

 

まず、高価なものであっても自分の髪の毛や脱毛原因に合っていないものであるのなら、

 

育毛剤を使っても、全く効果がないことがあります。

 

もちろん、高額なものは安全な成分を多く利用している製品も多く、また育毛に有効な成分を多く含んでいるようなことがありますので

 

安心や安全、効果の大きさなどを期待できるのは確かでありますが、

 

効果の出ないようなこともありますので、一概に値段が高ければいいとは言えないのです。

 

また、育毛剤を売っている悪徳業者の存在もありますので、高額でも全く効果のないものというものもあります。

 

色々な情報や口コミなどをしっかりと調べたうえで、自分の髪の毛をうまく育成できるようにしましょう。

生え際の後退を防ぐためには

脱毛には、生え際が後退するというような禿げ方がございますが、

 

こういったところに育毛剤を注入しても

 

なかなか効果を実感しにくいような感じがいたしますが、それはなぜでしょうか?

 

 

実は、生え際という部分は、基本的に髪の毛があるかないかの境界線の部分でありますが、

 

そういった部分についてはもう乳頭というものがもともと弱いというようなことがあることや、

 

薬品の成分が頭のてっぺんよりも流れでやすいようなことがあります。

 

ですので、そもそも薬品自体がなかなか毛穴に浸透しないというだけではなく、

 

ホルモンバランスを整えたり、血行を促進しても元々毛が生えてきたり、

 

強い毛を育成したりするようなことができにくいものですので、生え際の育毛は難しいのであります。

 

ですので、生え際の育毛については根気がより強く必要になってくるとともに、

 

育毛剤についても、毛乳頭を刺激しやすいものを利用しないといけないのであります。

 

フィナステリドやヂュタステリド、ミノキシジルを多く含んでいるものであれば効果を期待できるそうですが、

 

副作用もある面もあるので注意しておきましょう。

 

あとは育毛剤でも、生え際に強いものもありますので、そういったものを選んで利用してみるといいでしょう。

育毛剤の安全性

薄毛治療のための育毛剤は多数ありますが、

 

安全性のことを考えますと不安がある育毛剤が沢山あります。

 

育毛剤は誰の薄毛にも育毛効果があるわけではありません。

 

質の悪いものになってしまいますと逆効果を与えてしまい薄毛を加速させてしまう場合があります。

 

育毛剤の安全性を見極める上で重要になってくるのが使われている成分です。

 

副作用の強い成分が配合された育毛剤を使用しだしてから

 

頭皮に発疹やかゆみがといった症状が出るケースがよくあります。

 

育毛剤は薬品を使用していると自覚しておかないと逆効果になってしまいます。

 

特に気をつけたい成分はエタノール、防腐剤、添加物の3つです。

 

アレルギー体質で肌の弱い方にとってこの3つの成分は刺激が強いので

 

頭皮に使用する前にそのほかの皮膚で試してから使用すると良いです。

 

その結果副作用が出るのであればその育毛剤を使用することはやめたほうが良いでしょう。

 

特にエタノールは刺激が強い薬品なのでエタノールを使用している育毛剤はできるだけ避けると良いです。

 

エタノール、防腐剤、添加物の3つを避けるだけで安全性はとても向上しますので

 

育毛剤選びの際は広告の聞こえの良い言葉ではなく

 

使用している成分をよく調べてから購入し使用しましょう。

ホソカワミクロン

ラジオショッピングでホソカワミクロンのナノインパクトという商品が紹介されていたので購入してみました。

 

朝と晩1日2回塗るだけでよいということでした。

 

これならズボラな私でもできると思い購入しました。

 

効果は4ヶ月使用しましたが、これといった効果はありませんでした。

 

前から薄くなっているので頭頂部ならば効果があるのではないかなと思いました。

 

ただ抜け毛は減った感じはします。コシが出てるというか…

 

まあいずれにしてももう少し使用しないとわからないところがあります。

 

副作用は目に見えるところはありません。

 

精力減退などは感じられません。

 

飲み薬ならばそのような事はあるのかもしれませんが、きつい薬ではないように思います。

 

ただ、いろんな毛髪活性剤を使ってきましたが、はっきり言ってどれも私にはあいませんでした。

 

今回ナノインパクトという商品を使い始めてからは

 

風呂場で頭髪をシャンプーする時、洗った後に手についた髪の毛が格段に減った感じがします。

 

以前ならば10本位は最低ありましたが、今はかなり減っており、たまに0本の時もあります。

 

今は根気強く継続して使う予定です。購入頻度は今は定期購入しており、

 

1ヶ月に2本で届いています。しばらく続けます。